青年会議所とは

青年会議所とは


青年会議所(JCI)は”明るい豊かな社会”の実現を理想とし、次代の担い手たる責任感をもった20歳から40歳までの指導者たらんとする青年の団体です。青年は人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意志によりその居住する各都市の青年会議所に入会できます。60余年の歴史をもつ日本の青年会議所遅動は、めざましい発展を続けておりますが、現在697の地域に約35,000名の会員を擁し、全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所が東京にあります。
全世界に及ぶこの青年運動の中枢は国際青年会議所ですが、約132ヵ所の国及び地域に119NOM(国家青年会議所)があり、約165,000人の会員が国際的な連携をもって活動をしています。
日本青年会議所の事業目標は、社会と人間の開発です。その具体的事業としてわれわれは市民社会の一員として、市民の共感を求め社会開発計画による日常活動を展開し、「自由」を基盤とした民主的集団指導能力の開発を推し進めています。さらに日本の独立と民主主義を守り、自由経済体制の確立による豊かな社会を創り出すため、市民運動の先頭に立って進む団体、それが育年会議所です。

2022年度基本理念(スローガン)


一般社団法人新発田青年会議所 

第64代 理事長 中村 翔

【はじめに ~私たちの挑戦とは~】


人生の中で、いくつかの困難が訪れます。今の社会は、多くの人々にとって困難であると認めざるを得ません。しかし、この困難をどう捉え、どのような行動をするかによって、その後の人生は大きく変わるはずです。どんな困難も前向きに捉えれば「転機」となり、それを活かせば「好機」となります。逆を言えば、変化を恐れ、向き合うことから逃げてしまえば、その「好機」は巡ってこないでしょう。
 誰も経験のしたことのない今日の社会情勢では、誰も正解を知りません。選んだ方法が不正解かもしれません。時間を大きく浪費するかもしれません。しかし、今の私たちにできることは仲間たちと知恵を絞り、仮説を立て行動し、少しずつ正解を手繰り寄せることです。そのためには、あらゆる前例、慣習に捉われずに「挑戦」しなければなりません。仮にすぐに結果が得られなくても、私たちが「挑戦」することを止めなければ、いつか必ず正解に辿り着きます。私たちの「挑戦」とは、「失敗を恐れず行動し、そして失敗を失敗で終わらせずに改善し、次代へ継承する」ことです。
 世の中がもともと予測不能であることはこれまでの歴史が証明していることから、当然に私たちは足を止めてはいけません。過去に多くの困難が立ちはだかったとき、新発田青年会議所の先輩諸兄姉は立ち止まったでしょうか。そうではないから、今日の新発田青年会議所があるのです。
 初めて東京で青年会議所が設立された1949年、先輩諸兄姉が何を想い、集まったのかを今一度考えてみましょう。そこには今よりもはるかに大きな困難があり、そして今よりも多くの社会問題を抱えた地域のために寄与しようというシンプルな情熱があったはずです。私たちは先輩諸兄姉が示してくれたように、この閉塞感の漂う世の中に風穴を開け、明るい未来への道筋を照らすことのできる力をもっているのです。誰よりも情熱をもって地域社会のことを考え、学び、そして誰よりも率先して「挑戦」すること。この「挑戦」という言
葉こそ、私が2022年度のスローガンに掲げる言葉です。失敗を恐れず「挑戦」し、そこで起きた失敗は、新たな「挑戦」へと生まれ変わります。

【地域社会へ明るい光を】


 今日の社会情勢において、私たちも含めた地域の人々がこれまで可能だったことが不可能となり、地域社会に閉塞感が漂っています。私たちも青年会議所メンバーである前に、地域の人々と同じくこの地域社会に住み暮らす人間であり、家族と仕事を守りながら、生活をしています。しかし、私たちの使命は閉塞感が漂う今の地域社会のためにできることは何かを一番に考え、行動を起こすことです。家族や地域の人々に失われた機会を形を変えて提案することや、前向きな気持ちになれるきっかけを提供することで、少しでも希望をもって歩
みを進めることができるように行動を起こしましょう。すべてを代償にすることはできませんが、私たち一人ひとりが地域のことを考え行動し、それが一つになったとき大きな力となります。地域のために挑戦する姿を人々は見てくれています。

【自ら語り部になる】


 かつて全国の青年会議所会員数は6万人を超えていましたが、今では半数以下となりました。新発田青年会議所も例外ではなく、数年前は100名を超える会員が在籍しておりましたが、今では半数になる状況に近づいてきております。さらに、向こう2年で約20名の会員の卒業が控えているため、会員拡大は急務です。
 そもそも、なぜ新発田青年会議所は選ばれなくなったのでしょうか。人口減少や高齢化も理由の一つではあると考えられます。しかし、本当の理由は現役会員が新発田青年会議所に在籍する真の魅力を理解していないことにあるのではないでしょうか。自社商品の魅力や必要性を理解できない人が、顧客にセールスをしても、商品が売れるはずがありません。まずは会員が青年会議所活動のそもそもの意義とその有用性をしっかりと理解することから始めましょう。会員拡大は、自ら語り部となり、新発田青年会議所のことを全く知らなかった人や、ネガティブなイメージを持っている人へ、意義と有用性を伝え、理念に共感してもらう活動に他なりません。新発田青年会議所が、入会候補者だけではなく自社の社員や家族にも心から自慢できる団体であることを再認識しましょう。その結果が私たちの理念に共感し、共に活動したいと思うメンバーを増やしていくことに繋がります。青年会議所活動に対する想いや目的は、会員それぞれに違いがあり、活動に取り組む情熱にも違いがあることは当然です。しかしどんな立場の人でも、新発田青年会議所の会員であることが誇らしいと思える環境を整え、共に挑戦できる人材を育成することで私たちの運動が未来にも持続可能となります。

【伝統の継承】


 私たちはあらゆる時代の変化に適応していかなければなりません。しかし、先輩諸兄姉から代々受け継ぎ、歴史を積み重ねてきた伝統はどのような状況においても次代へ受け継ぐことが私たちの使命です。
新発田青年会議所は、39年にわたり今日まで神事である溝口大祖神御神輿運行を担い続けてきました。今日の社会情勢の中で、溝口大祖神御神輿運行はできない状況が続きましたが、どのような困難があっても次代へ受け継いでいかなければなりません。
 また、本年は7年に1度の諏訪神社様の御柱祭があります。この特別な行事に関わることが出来るのも、先輩諸兄姉が代々伝統を受け継いでこられたからです。ただ受け継ぐだけではなく、紡いできた伝統を心意気とともに次代に受け渡せるように、私たちが深く理解しなければなりません。そして、私たちの溝口大祖神御神輿運行と御柱祭に関わる姿を地域の人々に見ていただき、地域に活力を与えられるよう、この伝統を継承し、時代へ受け継いでまいります。

【組織の最適を探る】


 従来通りの活動や運動発信が困難な中でも、私たちはICTを活用し組織運営を行ってきました。このことにより場所や時間に捉われない新しい組織運営をすることができました。ただし、メリットを感じた一方で、デメリットがあることも痛感しました。便利な反面、直接顔を合わす機会が減り、お互いの内面的な意見の交換や建設的なコミュニケーションが不足しました。これからもより生産的な組織運営は必要ですが、組織のモチベーションを保つためには適切なICT活用の方法を見極めていく必要があります。
 私たちは情報ツールを上手く活用できているでしょうか。決して活用しきれているとは言えないでしょう。たとえば、SNSをはじめ多くの情報共有ツールが存在します。その中で、最も効果的な発信ができるツールを今一度検討する必要があると考えます。その上で、いつ、どのように情報を発信するかを考えることが私たちの運動の効果を高めることになります。そのためには、メンバー一人ひとりの発信力の向上も必要です。私たちの活動をより多くの人々のもとへ届けるため、組織としても個人としても豊かな発想をもって、情報ツールを活用することに挑戦しましょう。
 多くの技術革新がありますが、私たちに本当に最適な方法を取捨選択し、利便性だけでは計れない本当に強く団結した組織運営を模索し続けていきましょう。

【盤石な運営体制を】


 私たちの青年会議所の活動が機能するには、しっかりとした運営体制が整っている必要があります。その中でも、会計は一番の中枢にあります。近年、会員数が減少傾向にあり、主に会費から成り立っている私たち青年会議所の活動も規模が縮小してしまいます。この状況を眺めているのではなく、外部資金の活用など新しい方法も模索していく必要があります。そして、透明性と公平性を保ち、円滑にLOM運営をするために、より適正かつ正確な会計処理をしていきましょう。
 LOM運営をしていく上で大切なことは、たとえ小さなことであっても、本当にこれで良いのかと考え、私たちにとっての最適な運営方法を常に見直していきましょう。

【むすびに】


 スローガンに掲げた「挑戦」は青年会議所活動だけでなく、人生においても通じるものです。共に限りある時間の中で精一杯、悩み、考え、「挑戦」していきましょう。時にはお互いぶつかることもあるでしょう。しかし、それは全力で「挑戦」していることの証であり、必ず自身の財産になることでしょう。
 失敗を恐れず、覚悟をもって全力で「挑戦」した結果であるなら、それは失敗ではなく次に繋がる大いなる一歩であり、全てが自身における輝かしい歴史の1ページに刻まれると信じています。