地域強靭化委員会

地域強靭化委員会

 委員会基本方針

 地域強靭化委員会 委員長 片野 豪

  近年大規模な自然災害が日本各地で頻繁に発生し、被害規模が甚大化していることから、以前に比べて防災に関する国民意識は向上しています。自然災害をはじめとする有事災害に当事者意識を持って活動することが、地域の維持・発展のために大切な取り組みとなります。阿賀北の明るい豊かな社会の実現のため活動してきた新発田青年会議所が地域を強靭化するため想定外の有事も想定し、防災、救助、救援への対応について深く理解する必要があります。
 まずは、有事災害を受けた場合に新発田青年会議所のメンバーが、冷静に行動することが必要となるため、新潟ブロック協議会が策定した「救援相互運営規定・災害対策本部運用細則」と、災害時相互協力協定を締結した社会福祉協議会様の活動を改めて学ぶ事業を行います。そして、有事災害時には協力することをメンバーに改めて意識していただきます。また、救援するために、新発田青年会議所と社会福祉協議会様をはじめとする関係諸団体と合同事業を行うことで、ネットワークをより強固にするとともに更なるパートナーシップを充実化します。そして、最大限に活動できるように事業を通じてメンバー各自に当事者意識をもっていただきます。さらに、全体を通して、メンバーが所属する企業・団体でも活かせる防災意識を学習していただき、職場でも有事災害発生に対する対応力、事業の継続力を高められるよう啓発していきます。
 阿賀北地域にとって大切な基盤となる経済活動にも大きな影響を及ぼす有事災害に対応するため、メンバーからの意見を参考にし、年間事業を通じて分かりやすく簡略化した手順書を作成し、地域の強靭化につなげます。
 地域強靭化について特定の誰かに一任し他の人は無関心でいるのではなく、一人ひとりが地域を担う青年経済人としての当事意識をもち、平時から周囲の人達にも影響を与えられ、防災のみに止まらず地域を強靭化し実行する意識を持つメンバーとなっていただきます。

 事業計画

1. 6月例会
 (有事の新発田青年会議所と社会福祉協議会の活動内容を学ぶ事業)運営
2. 9月例会(社会福祉協議会をはじめとする関係諸団体との合同事業)運営
3. 有事に対する手順書作成